電気工事業申請サポートセンター電気工事業申請サポートセンター

電気工事業申請サポートセンター

主任電気工事士の実務証明(兵庫県の場合)

ここ数ヶ月、

兵庫県の方から登録電気工事業の申請について、

問合せが続いています。

 

そこでキーポイントになるのが、

主任電気工事士です。

 

相談者自身が第1種電気工事士の免状を持っている、

または、

第1種電気工事士の免状を持っている方を雇用するなら、

第1種電気工事士の免状を持っている人が主任電気工事士

となることで、登録電気工事業者の申請を進めることが出来ます。

 

相談者が第2種電気工事士の免状を持っている場合、

『主任電気工事士等実務経験証明書』という書類が追加で

必要となります。

 

兵庫県の登録電気工事業者申請書の説明文を読んでみると

以下のようです。

『主任電気工事士等実務経験証明書』に記載する証明者は、

登録電気工事業者か、届出電気工事業者であることが必要で

であること。

実務経験を証明する期間が2事業所以上にまたがっている

場合は、それぞれの証明書が必要なること。

被証明者が証明者と雇用関係にない場合(元請け業者

などといった同業他者)には、2者以上の証明が必要であること。

 

 

第2種電気工事士の免状を持っている方に説明するのですが、

(1)3年の実務経験

(2)証明者の印をもらうこと

で、考え込むことが多いようです。

 

『主任電気工事士等実務経験証明書』の

証明者については、都道府県によって若干

異なるのを改めて感じました。

電気工事業の申請について、一度お気軽にご相談ください。


電気工事業者登録申請の専門家メールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ