電気工事業申請サポートセンター電気工事業申請サポートセンター

電気工事業申請サポートセンター

第2種電気工事士免状と建設業許可

第二種電気工事士免状の交付を受けていて、

一人で電気工事業を営みたいと考えたとします。

 

その場合、

第2種電気工事士免状の交付を受けた後、

登録電気工事業者又はみなし登録電気工事業者等のもとで、

3年以上の電気工事に従事していることが必要で、

その方を主任電工事士として選任して、

登録電気工事業者の申請を行なうことになります。

 

申請の際には、

3年以上の実務を証明する書類が必要になります。

大阪府では、

 登録電気工事業者又はみなし登録電気工事業者が証明者となって、

実務を証明する書類に3年以上の工事内容を記載します。

 

 

その状態で、

電気工事業で建設業許可の取得が必要となった場合、

 第2種電気工事士の免状を持っている方が専任技術者となります。

 

専任技術者が第2種電気工事士の免状を持っている方の場合、

3年以上の実務経験が必要で、

その年数の実務を証明する必要があります。

実務を証明するに当たって、

証明者の証明書に加えて年数分の証明書類が必要なのです。

 

また、

実務を証明する書類が必要なのか・・・と思われることでしょう。

 

そうなんです。

実務経験で許可や登録する場合には、

その年数分を証明する書類が必要にあります。

 

年数が足りない場合には、

年数に達するまで待つことになります。

年数を満たすのに、

証明する書類がないということがないように、

書類を保管しておきましょう。

 

登録電気工事業者の申請、

建設業許可の申請で証明書類についてご相談がありましたら、

お気軽にご相談ください。

電気工事業の申請について、一度お気軽にご相談ください。


電気工事業者登録申請の専門家メールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ