電気工事業申請サポートセンター電気工事業申請サポートセンター

電気工事業申請サポートセンター

主任電気工事士は選任して、申請します。

電気工事で独立開業しようと考えている方、

電気工事部門を新設することを考えている経営者が気になるのは、

主任電気工事についてだと思います。

 

主任電気工事士の資格があって、

主任電気工事士の申請をして免状の交付を受ける必要がある、

と誤解されている方が、

ほんのたまにいます。

 

主任電気工事士は、資格ではありません。

 

電気工事業の業務の適正化に関する法律(電気工事業法)では、

一般用電気工作物に係る電気工事(「一般用電気工事」といいます。)の業務を行う

営業所(「特定営業所」といいます。)ごとに、一般用電気工事の作業を管理させるため、

第一種電気工事士

又は

第二種電気工事士免状の交付を受けた後、電気工事に関し3年以上の実務の経験を有する

第二種電気工事士

を、主任電気工事士として置かなければならないと規定しています。

 

 

よって、

登録電気工事業者の申請をする、

みなし登録電気工事業者の申請をする際に、

一般用電気工事の業務を行う営業所ごとに

主任電気工事士を選任することになります。

 

 

個人で電気工事業を営む方なら、

(1)自宅と営業所を兼ねている、

(2)別途、営業所を借りている

でしょうから、

その営業所に主任電気工事の要件を満たしている人を選任します。

 

選任するには、

主任電気工事士の要件

(1)第一種電気工事士

(2)第二種電気工事士免状の交付を受けた後、電気工事に関し3年以上の実務の経験を有する第二種電気工事士

のどちらかを満たしている人が誰かです。

 

主任電気工事士の要件を満たす人が1人ならばその人を、

複数人いるなら、その中から選任することになります。

 

 

申請する事業主本人が主任電気工事士の要件を満たすならば、

あなたを主任電気工事士として申請します。

 

申請する事業主本人が電気工事士の免状交付を受けていないなら、

主任電気工事士の要件を満たす人を雇用した上で申請します。

 

主任電気工事士の選任は、

登録電気工事業者の申請をする、

みなし登録電気工事業者の申請をする際に必要です。

不明な点があれば、

お問い合わせ下さい。

 

電気工事業の申請について、一度お気軽にご相談ください。


電気工事業者登録申請の専門家メールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ