電気工事業申請サポートセンター電気工事業申請サポートセンター

電気工事業申請サポートセンター

第2種電気工事士免状交付を受けた後、3年

受験目的は、人それぞれだと思います。

 

第2種電気工事士の合格目指して試験勉強した結果、

見事に合格。

 

将来、

「電気工事業で独立開業するかも」という思いがよぎったなら、

第2種電気工事士免状の交付申請を行うことを勧めます。

 

第2種電気工事士の試験に合格して、

免状の交付申請をしないまま、

電気工事業で独立開業となれば、

主任電気工事士の資格者を雇用することになります。

 

第2種電気工事士の試験に合格しても免状の交付をしていない場合、

主任電気工事士の要件、

第二種電気工事士免状の交付を受けた後、

一般用電気工作物について3年以上の実務経験がある人

に該当しないからです。

 

第2種電気工事士の免状取得後、

3年以上の一般用電気工作物の工事を行い、

(大阪府の場合ですが)

その実務を登録電気工事業者

または、

みなし登録電気工事業者に証明してもらう必要があります。

 

電気工事業で独立開業することを考えたなら、

第2種電気工事士免状の申請をしているか?

3年以上の実務証明を登録電気工事業者、

または、

みなし登録電気工事業者にしてもらえるか?

登録電気工事業者の申請に際して考えましょう。

電気工事業の申請について、一度お気軽にご相談ください。


電気工事業者登録申請の専門家メールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ